▼業務用食材を学ぼう

業務用食材のお得な使い方・シェア買いのコツなどを紹介

業務用食材のお得な使い方・シェア買いのコツなどを紹介 業務用食材を購入する時に、冷凍食品や調味料などの長期保存の効くものは個人で購入して、生鮮食品や消費期限の短いものは複数名でシェアをするという事を基本に購入すれば、まず間違いなく損はありません。
その上でシェアする業務用食材は、生鮮品ならばカット済みの物を購入するより、出来るだけブロックや丸ごとのものを購入するのが更にお得にするためのコツです。
加工をしてある物は、基本的に手間賃として価格が割高になりますし、加工後の方が安い物は品質的に加工前の商品より劣る物が多いです。
シェアするメンバーの中に、肉や魚を捌ける人が1人でもいれば良いですし、魚ならトロ箱1つ数百円で下ろしてくれる所も多いですので、スライス肉やお刺身を買うより安くあげる事が出来ます。
乾物や冷凍食品でも同じコツを利用出来るものもあります。お出汁の昆布やケーキなども、同じ量で未カットの物の方がお安くなる場合が多いので、出来るだけ購入コストを下げたいならばカットする手間を惜しまない事が秘訣です。

シェア買いがオススメ!業務用食材のお得な使い方

業務用食材は、ひとつひとつの量が多い分、値段が割安になっています。安いからと言って大量に購入しても賞味期限や消費期限があるため、早めに使い切る必要があります。
冷凍保存できる食品であっても何か月も置いておけば劣化してしまうため、味が落ちてしまいます。
業務用食材は、使い切れる量だけを買うことが基本ですが、肉や野菜などの業務用食材は、シェア買いすると無駄なく使い切ることが可能になります。
冷凍食品やカット野菜だけでなく新鮮な野菜を取り扱っている店舗もあります。冷凍カット野菜の場合は、日持ちするため料理の手間を省きたい人に合っています。
シェア買いする場合には、一度家に持ち帰り、ラップで小分けに包んだりして分けるようにします。すぐに食べないものの場合は、フリーザーバッグなどに入れて分けておくと冷凍焼けをしにくくなるといわれています。
最近では、はじめからパックで分けられた状態で売られている食材もあります。