▼業務用食材を学ぼう

業務用食材で購入するとお得な食材とは

業務用食材で購入するとお得な食材とは 毎日のお買い物を毎回スーパーで行うのも時間がかかりますし、家事や料理もパパッと済ませたいものです。
そんな時便利なのが、業務用食材です。
最近は個人でも買い物が出来る業務用食材店も増えてきています。
その中でもお得な食材は”ストックが効くもの"です。
お肉や野菜、魚などの生鮮食品も扱われていますが、やや量が多いので使いきれない場合も出てきます。
長期保存が可能で使用頻度が高い、調味料系がお得です。
醤油や塩、砂糖と毎日必ず一定量使う調味料は気付けば切れてる事が多いです。
ボトルから小分けにして使いますので、元のボトルの量を把握しにくい事も難点です。
業務用食材の調味料は普通のスーパーでは1リットル単位の物でも1升や1斗缶で売ってる事があります。
1斗缶は大げさでも1升ビンで醤油やみりん等ストックが効くものがあれば、ついつい切らしてしまう事が減ってきます。
生鮮食品みたいにスグに傷むこともありませんし、お得です。

業務用食材で購入する時に注意したい食材とは

人気の業務用食材店。
普段行くスーパーでは見かけない食材がたくさんあり、見ているだけで楽しくなってしまい、つい買い過ぎてしまう事もあります。
しかし、なんでもかんでも買うのはお買い物下手です。
業務用食材店でのお買い物の際、注意したい食材は"生鮮食品”です。
一般の個人客も利用できるとは言え、そこは業務用です。
量が多いです。
醤油や塩など、使用頻度が高く保存が効く食材は注意せずに買っても良いです。
しかし、生鮮食品は傷むのが早い上、そんなに量を消費しない場合が多いので、大量売りの業務用食材店での購入には注意が必要です。
肉でも普通のスーパーでは500g売りでも多い気がするのですが、1kg売りなどザラです。
お値段が安いので、一瞬飛びついてしまいそうですが、消費のペースを考えた場合はお得かどうか怪しいです。
肉類はまだ冷凍保存が可能ですが、魚や野菜は冷凍保存も簡単ではないので余計に注意が必要です。
値段の安さや量に目を奪われる事無く、自分が消費出来るかどうか考える事がポイントです。