▼業務用食材を学ぼう

業務用食材の鮮度はどのくらい良いのか?

業務用食材の鮮度はどのくらい良いのか? 業務用食材は小売・卸売といった用途でも異なるものの、一般に消費者向けのみに販売される食材と比較して、大ロットでの取引・流通・消費が為されます。
食品流通の中には、大ロットであるからこそ加工や管理に使える体制・技術が存在しています。
特に徹底した衛生管理による一括の食材加工や、冷凍保存における急速冷凍・ドリップ防止といった技術の中に、そうした対象が含まれています。
従って業務用食材は加工品については、一般消費者向けの食材と同等かそれ以上の鮮度は確保されているものと考えられます。
一方で生鮮品については、収穫・漁獲等が行われた時点からの鮮度の違いもある事から、若干まちまちな面も見られます。
ですが卸売りに近い扱いが為され易い事から、物流における中間業者はカットされている事が多いです。
生産地から直接的に入手され易い環境にある事から、もともとの鮮度が高い食材であれば其れを維持する体制は整っているものと考えられます。

業務用食材の効率的な保存方法

手軽に業務用食材を購入できる店舗が増えてきています。
まとめて購入をする事で、安く購入できるようになっている物が多く、家計の節約になると人気になっていますが、量が多くて保存の仕方で悩むという人も少なくありません。
効率的な保存をしたいと考えたら、小分けできるものは、最初にしっかりと小分けしておく事が有効です。
大きな肉類等は、半解凍をしてから1回で使う量毎にカットしておきます。
そして小分けする形でラップをして、保存袋にいれ、空気を抜いて冷凍をしておくと、必要な時に必要な量だけを手軽に取り出す事が出来ます。
チーズやパン粉というのは、冷凍も可能です。
シュレッドチーズは小分けをして冷凍、パン粉はそのまま冷凍をして、必要に応じて取り出して使う事がおすすめです。
冷蔵庫ではカビが生えやすいチーズでも冷凍をする事で良い状態で保管をする事が出来ます。
業務用食材は保管方法を覚えておけば、より便利に活用する事が出来ます。